越前塩の活用レシピ

豆腐の作り方

ご用意いただく物
豆乳(無調整の豆乳)・・・500ml
越前にがり・・・5cc

※安価な豆乳、又は固形分(10%以上)の少ない豆乳は固まりにくい場合があります。
○ボール
○しゃもじ
○耐熱用の容器(豆腐を入れる型)
  1. 材料を用意する
    豆乳とにがり水を冷蔵庫で冷やしておきます。
    ※ここがポイント!
    冷えていないと豆腐がきれいに仕上がりません。

     
  2. 材料を混ぜる
    冷えた豆乳500mlを泡立たないようにボールに入れ、にがり5ccをしゃもじで泡立てないように混ぜます。
    ※ここがポイント!
    混ぜすぎは泡が立つなど、仕上がりに影響しますので厳禁。
    また、この工程から加熱までは材料が温まらないうちに行ってください。

     
  3. 型に流す
    耐熱用の容器(今回は120〜150cc)に泡立てないように入れてラップします。
     
  4. 加熱する
    加熱時間は容器などによって多少異なりますが、以下を参考にしてみてください。
    ○120〜150ccの耐熱用容器の場合・・・レンジ弱で6分
    ○500ccの耐熱用容器の場合・・・レンジ弱で20分
    ※ここがポイント!
    レンジ弱で加熱すること。レンジ強や温めボタンで試してみましたが、豆腐に気泡が入ってしまい、きれいに仕上がりません。

     
  5. 蒸らして出来上がり
    レンジが終わってもすぐにラップを撮らないで、しばらく(5〜6分)蒸らします。
    少し傾けて、豆乳が出てきたら再度レンジへ。
    ラップを少しめくってみて、表面が固まっていれば出来上がり!

越前にがりで作った豆腐は、ほんのり塩見のきいた味に仕上がります。
そのまま、もしくは「越前塩」でお召し上がり下さい。

活用レシピに戻る

 
 
有限会社 越前塩 〒916-0422 福井県丹生郡越前町厨26-27
TEL. 0778-37-2553 FAX. 0778-42-6735 E-mail.
北陸財務局製塩業届出 
 
トップページ新着情報ごあいさつ通信販売越前海岸海水販売業務用製品|越前塩の活用レシピ
会社概要お問い合わせリンク